玉羊羹頂きました

玉嶋屋の玉羊羹を頂きました。

ゴムに入っている玉羊羹は、楊枝をプツッ、くるりとむけてまんまるな羊羹がはじき出てきます。ゴムの弾力があるので最初はおっかなびっくり、でもちょっと楽しいです。

この玉羊羹ができたのが昭和12年、二本松藩の御用菓子を作っていた玉嶋屋が慰問用の羊羹を試行錯誤の上作り上げたのがこの玉羊羹だそうです。

楊枝をさしても中身が崩れないようにしっかり練り上げられた小豆の玉は、ちょうどよい大きさと甘さで、2,3個ぺろりと頂けそうです。

手作りの玉羊羹、一度召し上がってみてください。

f:id:asakusa5809:20170824074201j:image