干し柿いただきました

 毎年干し柿をいただきます。ウィキペディアによると、干し柿に用いられる柿は、そのままでは食べられない渋柿であり、乾燥させることにより、渋柿の可溶性のタンニン(カキタンニン、シブオール)が不溶性に変わって(渋抜きがされて)渋味がなくなり、甘味が強く感じられるようになる(その甘さは砂糖の約1.5倍とも言われる)と書いてありますが、渋いものがあんなに甘くなるのがやっぱり不思議です。何はともあれおいしいことは間違いないので、いただきます。

f:id:asakusa5809:20171107203912j:image