松飾りがお目見えです

 台東区は店の前には立派な門松が、個人の家やビルの前には鳶職のかしらが対の松飾りを設置していきます。でも文京区では全く見かけません。これからなのかわかりませんが、ちょっと寂しいです。

 

そもそも松飾は年神様が迷わずに来てくれるようにと目印だそうです。松は待つに通じ、福や幸せを運んでくれる年神様を松の木を立ててお迎えするという風習です。この風習が平安時代からあったとは驚きです。

年の初めは襟を正して年神様を迎えたいものですね。

f:id:asakusa5809:20171225163558j:image

f:id:asakusa5809:20171226074342j:image