ほうずき市

 9日10日は四万六千日 ほうずき市です。浅草寺の境内にはほうずきの露店が所狭しと並んでいます。江戸風鈴も風に揺られチリリンチリリンと涼しげな音を立てています。

ほおずきは東京の盆が期近のため盆飾り用のものかと思ったら、病気の治癒の民間信仰によるものでした。ほうずきの実を丸飲みすることにより大人は持病が去り、子供は腹痛を起こさないといわれほうずきを求めたそうです。今では夏の風物詩として愛でるものと化していますが、オレンジの実を見て心癒されるのだけは昔も今も同じようです。

f:id:asakusa5809:20180709083118j:image