#新春のバス旅行②

いちご狩りの次は三島のスカイウォークです。近くを通ってはあのつり橋を渡りたいと思っていたので、念願かなってのまさにスカイウォークです。

パンフレットではスカイウォークの左手には大きな富士山がばっちり映っています。

実際に行ってみるとまさにその通り、歩き始めから浮き足だつような景色です。

日本最長の吊り橋、全兆400m、地上からの高さ70.6m、揺れさえ心地よく感じてしまいます。快晴で風もなく、雄大な富士山を眺めながらのまさにスカイビューは来てよかったの満足の一言に尽きます。

つり橋を渡りながら、左手には富士山がずっと見えています。左手ではジップラインを楽しむ人がいます。楽しそうだなと横目で見て、次回はあれをやりたいなんて思いました。

400m歩いて、時間の制限があるのでまた戻ります。帰り道は右手に富士山を眺めて、こんなに身近に富士山が見えて本当に幸せです。天気が良くても雲がかかったりして見えないことがあるので、ずっとずっといつまでも富士山とともに歩く幸せに感謝です。

f:id:asakusa5809:20240111114629j:image

f:id:asakusa5809:20240111114633j:image

f:id:asakusa5809:20240111114637j:image

f:id:asakusa5809:20240111114642j:image

f:id:asakusa5809:20240111114646j:image

スカイウォークの次は富士山本宮浅間大社です。ここの浅間神社は山奥にあるわけではないので、階段を何段も上がることなく参拝できるので嬉しいですね。

富士山麓浅間神社は9つもあって、日本一の絶景が楽しめる新倉富士浅間神社新倉山浅間公園)、富士山信仰の拠点となった富士山本宮浅間大社日本武尊が富士の遥拝地として定めた北口本宮冨士浅間神社富士登山道の守護神とされる東口本宮冨士浅間神社、朱色の鳥居越しに富士山が眺めらる河口浅間神社富士山本宮浅間大社の前身とされる山宮浅間神社富士講の聖地である人穴浅間神社人穴富士講遺跡)、かつて富士修験の拠点であった興法寺を構成した堂社のひとつ村山浅間神社、須山口登山道の起点となる須山浅間神社の9つの神社が富士山を中心として点在しています。

こうしてみると9つ全部は参拝してないのがわかります。

ここ富士山本宮神社ではスカイウォークで眺めた富士山よりもずっと大きく雄大な姿を見せています。そばに湧玉池がありましたが、池の底が見えるほど透き通っていました。

途中神田川がありましたが、この河川も底が見えるようなきれいな流れでした。

f:id:asakusa5809:20240111114755j:image

f:id:asakusa5809:20240111114805j:image

f:id:asakusa5809:20240111114809j:image

f:id:asakusa5809:20240111114813j:image

f:id:asakusa5809:20240111114817j:image

f:id:asakusa5809:20240111114827j:image

最後は金時饅頭です。

饅頭はもういいかと思ったのですが、入店前に一口いただいた饅頭がおいしくてまた買ってしまいました。今回はお土産を控えようとしたのですが、ここにきてみるといつものように買い物ツアーになっていました。f:id:asakusa5809:20240111115021j:image

f:id:asakusa5809:20240111114946j:image

f:id:asakusa5809:20240111114950j:image

f:id:asakusa5809:20240111114953j:image

f:id:asakusa5809:20240111114957j:image

ここで全行程が終了です。後は渋滞の中東京へまっしぐら帰るのみです。たっぷりの富士山、美味しいいちご、一日中満足な時間が過ごせました。富士山をじかに見ることがかなわなかった家族の、リベンジ富士山も達成です。

f:id:asakusa5809:20240111115120j:image

f:id:asakusa5809:20240111115126j:image

渋滞で遅くなったので、日暮里の手打ちラーメン屋さん馬賊で餃子と味噌ラーメンを食べて帰りました。ここは麺の腰があってとても美味しいです。餃子もおすすめですよ。