軒下の花が冬仕様になりました。

 毎日の楽しみは、家々の軒下の花です。

葉牡丹やミニシクラメンビオラやパンジーがよく見られるようになりました。季節の花々を歩いている間に見られてとてもうれしいです。

葉牡丹は3月くらいになると真ん中からにょきにょき茎が出てきます。これがトウと言われるもので、『トウが立つ』と揶揄されるものです。あまりありがたくない言葉ですがここから来ているとなると冬の間が旬ということなのでしょうね。

f:id:asakusa5809:20171228115749j:image

f:id:asakusa5809:20171228115753j:image

同じ日に梅の開花も見られました。日当たりの良いところで開花していました。

f:id:asakusa5809:20171228115757j:image